付け八重歯

昔式「歯磨き」

「芸能人は歯が命」の東みきひさのCMから、もうどのぐらいたったろうか・・・

 

そういえば「歯磨き」という習慣はいつからあるの?
だいたい歯ブラシや歯磨き粉自体が大きく言えば、ここ最近に習慣化されたものだろうし、
だとすれば昔の人は、どうやって歯をケアしてきたのだろうか・・・

 

早速、調べてみたら、
どうも昔の人たちは歯磨きをする場合、「楊枝」をつかっていた、という説が有力らしい。

 

おどろくことに、チンパンジーも楊枝のようなもので歯を磨いているとかいないとか。

 

要は歯木には虫歯になりにくい成分があるようで、
それを上手く利用していたわけだ。

 

それにしても、当時は「研究の結果」などという根本たる証拠なんて勿論ないわけで。
それでも「歯磨きは楊枝」、という習慣が成り立っていたわけだから感心する。

 

温故知新というが
ひょっとしたらば、よくわからない成分・薬品の配合されている現代の歯磨き粉を使うより
オーガニックな楊枝のほうが理にかなっているのかもしれない。